VFR800 My装備
My 装備   ツーリングの帰宅途中に事故を起こし、怪我は、背中に大ダメージ、肘膝には擦り傷程度でした。
 プロテクターを見ると、背中には、厚さ6mmのウレタンパッドがあり、肘膝には、CE規格のソフトパッドが付いていました。  はっきり言って、厚さ6mmのウレタンパッドは、役に立ちませんでした!
事故を起こす前まで、あまり意識しなかった防具ですが、重要性大と思うようになり、少しずつですが買い換えました。
 事故時の唯一の記録がドクターマーチン製の靴です。 革でなかったらと想像すると、、恐怖

お品書
☆ メット  ☆ ブーツ  ☆ ジャケット  ☆ パンツ   ☆ インナー

☆ メット
リターン後に初めて買った、
YAMAHAのロールバーンが古くなったので、 父親に上げました。
塗装は、良かったですね〜。マットブラックでしたが丈夫な塗装でした。 軽量さもよかった。  欠点は、機能的には、ベンチレーション機能があるとの説明ですが、余り涼しさを感じませんでした。
メットの場合、耐久性が期限付きなので、バイク歴が長くなるに従って、それなりに買い替えます。 整理すると、、。
初代 ヤマハのロールバーン、2代目のSHOEI Z-5 3代目 アライのプロファイル スパイク
4代目 SHOEIのZ−6 SYMMETRY

5台目 SHOEIのZ−7  INCEPTION

買い替え理由は
2代目 Z-5:事故っちゃってダメになりました。 軽量さが売り。 マットブラックは塗装が弱い、また、Z-5はメットの陳が首に引っかかって首を左右に振りづらい。
3代目 アライのスパイク:製造後ほぼ4年となった為。アライは、好みの問題になりますが、ぴったりしすぎです。 換気性はZ-5より上です。

4台目 Z-6 大変気に入っていましたが、ある時、ショップでZ-7を装着すると、その軽さに驚きました。軽い方がいいに決まっていますよ。ちなみに、 我が家のヘルスメーターで計測すると、Z-6は、1600g、Z-7は1200g、なんと200gも軽い(^^♪

で、最後のヘルメットになるかもしれないのは、SHOEIのZ-7 INLEPTION、2016/11/3にZ-6から買い替え、4年と8月後に替えたことになる。
話のついでなんですが〜 INCEPTIONとは、初めとか発端という意味でした。 そして、メットにはNo Limitsつまり限度無しとあります。
Inceotion No Limtsを並べるとどんな意味になるんだろう〜分からん(+_+)

 長 所
 軽量、軽いし、SHOEIブランドの安心感です。
眼鏡は、装着に支障はありません。
 





☆ ブーツ
2016. 7.20 南海 WB-13

2016.12. 7 コミネ BK-074 WPライディングシューズ ブーツ  

南海WB-13です。 この前は、Honda Super Bold'or ハイソールミドルブーツを使っていました。買い替えの理由は、重い、嵩張る!でした。
脛にプロテクター、撥水加工の革、内装も毛があって脱ぎやすかった。 ですが、重さや嵩張る点が気に入りませんでした。
今回の南海のブーツは、軽さと贅肉の無さです。
冬用に買ったのですが、分厚い靴下を履けば何とかなりますかね〜。
 透湿防水は必須と思って探したら、こいつが一番安価でした(笑
 歩くと、振動を感じたので、中敷きを交換しました。それと、底が薄い!短足な自分にはちと辛いです。  



☆ ジャケット
夏用
コミネ JK-088 2017年式
春・冬・秋
HYOD HSL513D 2016年式
レザーの方がクロスより丈夫なので良いと思いましたが、洗えないことから、クロスのJKに戻しました。
コミネのJKは、標準で胸にもパッドがあります。
自分的には初のHYOD製JKです。ヒョウドウでも、初のダブルだそうです。  流石に高級品で、インナーも生地が厚くて、ほっかほっかです。
皮は山羊で、柔らかです。 皮ですが動きやすさは流石です。 プロテクターは3DO、柔らかく、咄嗟の時は固くなるやつ。優れものです。
買ってみて思いましたが、タイトです。ただ、丈は標準的です。袖も、外国製のように妙に長かったりましません。サイズさえジャストなら、良い製品と思います。

ヒットエアー MC
エアーバックとセーフティーJKとの組み合わせが一番安全な装備と思いって購入しましたが、やはり購入後に感じた、ボンベの辺りのごつい感じと、JK自体の重さに耐えきれなくなり処分しました。
安全なのは判るのですが、重すぎ。




☆ パンツ
パンツの選び方は、丈は長め。 ライディングポジションをとった時に膝が丁度の位置にすること。
それと、膝カップは高さを変えられること。好みや、個人差があるので、必須条件です。
夏用
コミネ PK-659 フルアーマードメッシュパンツ 2009年式
冬用
SIMSON SLM-111 2016年式

 メーカー説明「腰・尾骨・大腿部・膝・脛など必要と思われる全ての場所を保護できるメッシュパンツです。」
多少高くても、パッドは多い方が安心です。
使ってみてよかったことは、バイクにまたがるとお尻とシートの間にウレタンパッドが入って お尻が痛くなり始める迄の時間が長くなった(^◇^)
防寒性の高い南海のSDW-773を使っていましたが、 やはり、安全性の高いレザー。購入時に参ったことは、高価なことです。

この品の以前は、某オク製 クシタニのファクトパンツを長らく愛用していましたが、思い切って新品を買いました。
感心したのは、サイズ表記です。一般的な日本人向けのサイズでした。 履いてみたら、ジャストでした。


☆ インナー
写真左:Gold Win :ゴア・ウインドストッパーパンツGSM 4351 2008年式
 ジーンズと重ね着で、街乗りにも、丁度良いです。
 防風、透湿は勿論のことですが、このインナーの上に、ジーンズを履いた時に、ジーンズに引っ張られて、ずり上がらない点が素晴らしい!
 サイズですが、小さめにできていると思います。  でも、これは、パンツについて言えることで、上着用のアンダー・インナーは通常サイズに思います。 欠点と感じる点は、前立てがないことです。^_^;


写真右:Gold Win 2009年式 :ウインドストッパーエアロフリースGSM 14852
 革ジャンの防風性・保温性をアップさせるために購入。  首回りの防寒の為にはハイネックがいいですよ。 裏面フリースで、あたたかく横方向への伸縮性をプラスされていて、動きやすい。

真冬の装備としては、下着も欲しいですよね〜。自分は、シャツに
Gold Win:GSM14859 2009年式 です。 手にしてみての第一印象は、普通の下着よりずっと生地が厚いことでした。 パンツは、デイトナのホットバイポリ 4WAYストレッチパンツ 2010年式



2016/12式 Gold win製 ウインドブロックパンツ GSM14453
同社の製品で同様のインナーを8年ぶりに買ってみた。
大分改良されていて、全く風を通さなくなり、膝のツッパリ感もなくなりました。



【このページのTOPに戻る】

inserted by FC2 system