2014.6. 8 走行距離 65,300km 卓上旋盤 切削油用ポンプ取付
 卓上旋盤購入当初は、バイトは、サーメットでした。 ところがある日、兄から頂いたハイスバイトを試してみると、 仕上がりの良さに驚かされました。
次第に分かってきたことですが、フライス盤も旋盤も、びびりが発生すると、切削面が振動によってざらついてしまいます。
ビビり易い卓上旋盤は、なおさらのこと、低回で、切削せざるを得ないわけです。
兄から、聞きましたが、技能選手権の時は、ハイスバイトで、手回しで仕上げると聞きました。それほど、振動は影響するのです。

で、ハイスバイトは、サーメットと違って、切削油が必要です。こうしないと、すぐに刃が減ってしまします。 従って、ポンプも必要になるわけです。

 

構  成
1、必要な物
2、製作
3、使ってみて

2014.6.22 追記 PWM・DCモータ用電源
乾電池のままでは、電源の安定性に欠けるので、Coselのスイッチング電源をPWMの電源にしました。

2014.6.28 追記 廃油ライン
ポンプだけじゃ駄目です。廃油も考えてみました。

1、必要な物
 ・水中ポンプ

     AliExpressでも、売っていましたが、運送費まで含めると、某オク製とほぼ同じでした。良さそうな出品者でしたので、某オクで求めることにしました。

 Ali市場では、DC40C-2440という名称で売っていました。
某オクでのスペックは以下の通り。

特徴
・消費電力:3.25Wから26.4W ・定格電圧:DC24V ・電圧:5Vから24VDC ・最大負荷電流:1200mA ・最大流量:18L/min ・揚程が: 5M ・寿命:30,000時間

ポンプとりつけ途中の試験運時に気がついたのですが、9Vでも動作します。
 実はその点が、取り扱い上便利でして、自分は、家に転がっていたAC12Vアダプターをポンプの電源にしました。




バルブ
以前もの太郎の安物を買いましたが、こいつは、バルブが甘くて駄目です。 そこで、メーカー品を買いました。
NOGAのMC12601と言います。

メーカー品ということもあって、流石にしっかりとしたバルブです。 固定用の磁石は強力で、ONOFFできます。 この辺は便利です。




ここまで来ると、試験が出来ます。 いざポンプをDC24V電源に直結すると、すごい勢いで、水が出てきましたので、回転数制御が必要になりました。



PWM

PWMとは、パルスによりポンプの回転数を変える方法のことを言います。
ある方から、ここを教わりました。


で、実際には、秋月電子で求めました。
ここは、中国製と思いますが、安価で良く利用させてもらっています。
PWM(スイッチング方式)DCモーター速度可変キット
=仕様= ■電源電圧範囲 ・PWM回路用 5V〜15V ・モーター用 1V〜50V ■出力パルス ・周波数 約10kHz ・可変範囲 約2%〜約99% ■対応モーター ・DCブラシモーター ・最大電流 3A以下のもの




電源
電源は、とりあえず、家に転がっていたACアダプター(12V 0.7A)を利用しました。
電源単体と違って、フィルターをかませたりは不要なので、簡単です。 ただ、この先は、スイッチング電源に置き換えたいと思っています。
このアダプターは、定格0.7A、モーターは、定格1.2Aです、多分そういったことがあるせいか、特に、リセッタブルフューズなしで、無事に運転しています。
しかし、ショートなどによって、PWMやモーターが故障するかもしれないので、秋月さんのアドで、ポリスイッチを付けようかと思っています。
実験で、モーターのONOFF時に0.6mAでした。ポリスイッチの容量もある方から教わり、 1A程度のポリスイッチを付けようかと思っています。
ポリスイッチについて簡単に分かります。 ここ




2、製作
製作といっても、今回は、PWMの半田付け位です。
製作自体は、仕事から帰宅後の一晩で完了。
即試験が出来ました。 ところがです。一時は回ったと思っていたのですが、どうも接触が悪かったようでして、なかなか、接点不良の個所が見つかりませんでした。
半田付けもしなおしたり、していく内に、分かったのですが、端子を付けている基盤側の線が切れていました。
安ものなので、こういったこともあるのでしょうね。(苦笑)





3、使ってみて

ポンプにする前は、霧吹きで適当にやっていました。ま〜、それでも、切削油の効果があって、切削面がきれいでしたが、合間合間に吹き付けていたので、 危ないし、仕上げ面もそれなりでした。
ポンプで、一定間隔に切削油を給油出来たことによって、吹き付ける手間から解放されて、作業に集中できるようになったし、一定間隔で給油できるので、 仕上げ面もより綺麗になりました。今後、電源をスイッチング電源に置き換えようかと画策していますが、先ずは、大成功です。





2014.6.22 追記 PWM・DCモータ用電源
PWMキットには、LOGIC、POWER用に電源を設けなければなりません。
先達者の方や秋月さんCoselさんに色々と教わりました。

リセッタブルヒューズ(ポリスイッチ)
写真は借り物で実際とは違います
PWMキットの取説には、乾電池の代わりに電源を確保する場合、リセッタブルフューズを薦めていす。
ここに解説あり。
自分は、ポリスイッチの代わりに、テスター棒を入れ替えて電流を計測しました。
スイッチの入り切りで0.48Aでした。 上記URLの例だと定格使用電流を0.8で割っていますが、12V電源の場合、どうなのかは不明です。そこで、直接計測したわけです 直近上位の0.5Aに最終決定しました。
ちなみに、トリップ電流はItでここにItがあります。
実際どうかは、今後の様子見です。




電源

Cosel PBW50F DC12V電源です。定格の出力:2.1A 出力的は、モーターの1.2Aを十分超えています。
電源は、可変調整VRで、上限の14.5Vで使っています。
理由は、なるべく電圧を上げてモーターの回転数を上げたいからです、それと、 15Vまでなら、PWMのLOGICとPOWERの電源を共用できるので便利だからです。 

電源の前のフューズは250V 1Aです。数値は、ある方から教わりました。理由は、スイッチ付きVRが定格で1Aだからです。




発光ダイオード

発光の加減をする抵抗は、ここを見ました。
電圧降下2Vを見て計算するそうです。14.5V-2 =12.5V
R=12.5v/(5〜20)mA  (5〜20)→10mAとする R=12.5v/0.01A R=1.25kΩ  実際は1kΩを使いました。 幅があるようです。 

発光ダイオードの足の長さは長い方がプラスです。注意です。 間違えると点灯しません。
ICソケットを使って、抜き差しできるようにしておきました。この方が、シャーシーに取る付ける時や交換の時に便利です。



2014.6.21  トラブル
この日は、注文しておいた、タカチのアルミシャー到着に備えて、配線の取り回しをやっていた。 いい感じになったところで、スイッチON
ところが、うんともすんとも!!!
 点検している内に、ICを押し込んでみると、モータがブッブットと、あれーっ


どうもICとソケットが接点不良を起こしているようでした。 接点復活材を吹きかけたり、ICの足の表面に半田を行き渡らせて足を太くしたり、、状態は好転しません。
秋月のキットは安いけど、プリント配線が断線していたりと、トラブル続き。(;一_一)
さ〜、どうしようか、いきなり、ICを基盤に直付けするよりは、やはり、ICを交換や、ICソケットを交換して、駄目だったら、直付け。
半田付けしなおしたりの末、四苦八苦しましたが、無事に動作するようになりました。

写真は、PWMキットの裏側です。VRのホールに導線を半田付けしたが断線! 端子のプリント基板が断線! 切った部品の足で次の部品の足に結線した。  切れ端の線が痛々しいですね〜(泣)









2014.6.22

配線は、何度も検討し、やっと決まった。 
シャシーは、タカチのUC型アルミサッシケース UC26-10-18AAです。 末尾のAAはホワイト系の色を示します。
千石通商さんで求めました。

アルミサッシケースには、ずっと、仮付けであったDROもシャーシーに収めました。
後からわかったことですが、本来は、別途、アングルとアルミ板が必要で、アルミ板に取るつけるようです。



2014.6.28 追記 廃油ライン

ポンプを設置したものの、コンテナボックスを転用した廃油受けがいまいちでした。 ボックスの底部に2cm位の傘として、廃油が残ってしまうのです。
オイル受けは、樹脂からアルミにした。 物は、調理器具のバットを転用。
排出を良くしたかったので、写真左側にあるベアリングプーラーで、底部を引っ張った。
バット底部にL型ホースニップルを付けました。

従前よりは、バット底部に溜まった切削油の吐け度合いが、かなり改善しました。




スイッチ付き可変抵抗は、止めました。

写真左:DCモーターを駆動させようとすると、つまみを目盛り板で言うと7位に回さないとポンプが稼働しません。少々かったるい(;一_一)
そこで、VRをBカーブからCカーブにした。100kΩ 0.06W 1A
交換後、目盛り板で言うと7から4位でポンプが動作するようになったので、使いやすくなった。

写真右:VR交換とともに電源スイッチも別途求めた。





結構、様になった(^−^)






【このページのTOPに戻る】

inserted by FC2 system