2015.10. 4 走行距離 68,800km ノートPC 購入
  フライスのCNC化に伴って、当初は、手持ちのデスクトップ型PCを使っていました。
しかし、フライスが車庫にあるので、作業の度に、自部屋から車庫へPCをエッサコラと(;´・ω・)
CNC化は、ここに至って、なんとか自分ユース的には、使えると実感してきたので、専用にノートPCを購入することにした。


構  成
1、PCの選択
2、使ってみると
3、メモリーを増設
4、メモリーを増設しても、、、、

5、モニターアーム 10〜27インチ対応 ガススプリング



6、作業を終えて



1、選択

モバイルかノーとか先ず迷いました。 ノートだと15.6インチ位ある、丁度、娘がモバイルを買ったので、マジマジと眺めていたら、、、、
どうも、小さく感じたので、ノートに決定。
では、何処で買うか、、、
倅が、AcerのPCを使っていたし、どうせ趣味用なので、、、某オク製。 丁度、Acerのが新品で出ていたので、ゲット、2福沢でした。


型番:TMP253E-N82C
CPU:インテル Celeron プロセッサー 1005M 1.90GHz
メモリ:標準2GB(soDIMM 2GB×1)/最大8GB DDR-1600MHz SDRAM
2013年9月生産
2年経過した、カタ落ち品です。





2、使ってみると
使ってみたら、AcerのTravelMate TMP253E-N82Cは、くそでした!!
スゲーとろい、バックグラウンドプログラムを停止しすると、シャットダウン時の緩慢差は解消しましたが、OSがWindowsの7というのもとろさの原因の様でした。
これ以上は仕方がないと思い、実際に使ってみると、、、。おー! なんと  ↓    ↓



millingの最中に、停止、びっくりマークを見ると、どうも、Windowsがどうのこうののように見えました。
もう1台のデスクトップ型でも、出た症状でしたが、Acerは、毎回この警告が現れてしまう)く〜、、、

使ってみて、解決したい点は、
1、動作の取ろさ。 2、警告マーク 

動作の遅さの原因は、メモリーの差かと考えた。
そこで、バッファローの増設メモリーを探しましたが、自分では見つからず、問い合わせると  ↓


■対応するメモリー製品について

 大変恐縮ではございますが、弊社では、お使いのパソコン TMP253E-N82Cにて、  動作確認されているメモリー製品の情報がない状況でございます。
バッファローじゃ売っていない!! おー!

買わなくってよかった。 というのも、某オクの出品者の中には、バッファローのこれが適合するなんて、いい加減なやつがいた(苦笑

I・O・DATAを探すと、、、あったね〜  ↓  ↓




適合表
e-TRED さんに、2枚で、9千円ちょっとで売っていたので、即購入。

法人様専用(簡易包装モデル) 低電圧タイプPC3L-12800(DDR3L-1600)対応ノートPC用メモリー





    3、メモリーを増設

まず、PC裏側の赤丸部分のねじ(シールに隠れている)、と、露出しているねじを外します。


裏ぶたを外すと、いきなりですが、メモリーは現れます!

作業をする前は、不安でしたが、いとも簡単!

メモリーは、左右の2か所に爪めがあって、止まっていますので、爪を外側に広げるようにすると外れます。
分かってはいましたが、メモリーは1個です(さみし〜








メモリーを増設しました。4GBが2枚



4、メモリーを増設しても、、、
メモリーを増設したら、格段に早くなりました。
それでも、 ↓  ↓



警告マークは、相変わらず出てしまう。
MACH3のバージョンを最新にしたり、しましたが、それでも状況は変わりません。
電気の接触不良のような感じです。 ついたり、つかなかったり、そこで、USBケーブルを5mから、手持ちの約1.5mに変更。
すると、、、、、
何度かテストをしてみると、警告が出ない、おー!やったかも。
ノートPCの場合、USBの電力が小さいのかもしれません。 


メーカー品を購入  ↓  ↓


手持ちのケーブルで気を良くして、長さが丁度良いUSBケーブルを三和ダイレクトショップから購入。
写真中央の灰色をした方が購入した三和のケーブル(2M)です。 右にある黒いのは手持ちのケーブルです。黒い方が、若干ですが、細いです。

早速、三和のケーブルを代えて,いざ起動、、、警告マークは、出なくなりました。
しかし、しかし、


後から分かったことですが、Windows7の場合、症状として、通常、マッハのアイコンをクリックすると、Artsoftのマークが見えた後、マッハの画面が現れるのだが、
Artsoftのマークが見えずに、いきなり、マッハの画面になってしまう。こうなってしまうと、フリーズ状態で動きません。
対処方法としては、ログオフにして、再度、ログオンにする方法と、マッハのアイコンを右クリックし、「管理者権限」で起動すると、上手く起動します。
しかし、それも、めんどい。 でー。  ↓  ↓


そこで、Windows10のデスクトップPCで、マッハ3が動作するかと思い、 簡単なプログラムで動作確認したら動くではありませんか! おー!!
実際に、ML4につないでみても、動作しました。 しかもしかも、Windows7の様に、管理者権限をクリックする必要もなし。
暫く様子見です。


5、モニターアーム
購入したPCの設置場所も考えないといけません。
楽天をみると、上海問屋さんで、モニター用のアームが売っていたので、これを、PC用に使うことにした。





アームにPCを固定するには、金具を2か所自作るるしかありません。
金具は、廃油受けのバーベキュー鉄板(980×68cm)とアームを取り付けるブラケットと、 アームに付ける、PCホルダーです。
残材があったので、仮組をしました、。 ↓  ↓





ブラケットの幅を、84mmから150mmに増やした方が安定感が有る感じです。>



6、作業を終えて

某オクで、見つけた、カタ落ちのノートPCでしたが、OSを7から10に替え、メモリーも2GBから、4GBを2枚に増設したら、 サクサクと動作するようになりました。
費用は、PC、メモリー、PCアーム、総額4福沢、これで、新品の専用PCですから、良い買い物ができました。
これで、4〜5年持ってくれたら、最高ですね〜。(^^♪。


【このページのTOPに戻る】 inserted by FC2 system