2016. 2.27 走行距離 69,200km MCのサージ吸収
ある時ふと気が付くと、マッハが、MCの開閉に伴い、ESstopするようになった。
そこで、MCのカタログを見ると、操作コイルの他にも、主回路用のサージ吸収ユニットの商品が紹介されていた。
原因は、このせいかもと思って、即購入してみた。





当初使っていた三菱のMCは、カタログ落ちしていたので、富士電機のSC-4-1を購入。
主回路用サージ吸収ユニットは、「SZ-ZM1」です。

交換後、ほとんど、ESstopが発生しないように思えました。
効果大!








勿論、操作コイル用のサージ対策も必要です。
「SZ-Z5」を付けました。




後  書

サージ吸収ユニットを付ける前に、シールド線やフェライトを信号線に使いましたが、
効果の程は、今一でした。

交換後暫くしてからの様子は、連続してMCを開閉すると、やはり、Estopが発生します。
こういった使い方は、通常ないと思いますので、ま〜ヨシとしました。



ちなみに、三菱さんから以下のとおり回答を頂きました。
回答
電磁接触器でモータを開閉している場合,モータからのサージ抑制として 主回路サージ吸収器ユニットを適用する効果はあると考えます。

質問内容:
電磁接触器の開閉に伴いサージが発生しますが、サーボアンプにサージ吸収機 能はありますか?

回答
サーボアンプ自体にはサージ吸収機能はありません。


質問タイトル:今まで使ってみて

質問内容:
電磁接触器の主回路にサージ吸収を使ってきませんでしたが、サーボアンプ自 体は故障しませんでした。 本来は、サージ吸収は使うべきなのでしょうか? 技術書には、主回路用のサージ吸収には触れていないようですが。

回答
できるだけノイズは発生しない方がよいので、可能であれば、サージ吸収は 行っていただいた方がよいと思います。 また、技術資料に記載のデータラインフィルタをご使用いただくことにより、 ノイズ侵入を防止する効果を得られます。

【このページのTOPに戻る】 inserted by FC2 system